« 秋のねこ | トップページ | サンダルとねこ »

2012年4月16日 (月)

たっぱのこと

ずっと、ここに書けずにいました。
たっぱが、旅立ちました。

今年が明けて、すぐのことでした。

その日が近いことを、12月に感じていました。

15年と半年、一緒にいて、

どれほど幸せをもらったか

今の私があるのは、たっぱとの出会いがあってこそ

人生の、友でした もちろん家族です

心から、通じ合えていたと、感じています

悲しみが、底なしにあふれだしてふしぎなくらいだけど、

それも、愛の一部なのでしょうか

たっぱに、心から、感謝します

たっぱに、心から愛を・・・

|

« 秋のねこ | トップページ | サンダルとねこ »

コメント

こんばんは。お久しぶりです。

たっぱちゃん
そうだったんですね。

15年を超える年月はあまりにも重いですね。
きっと楽しい、嬉しい思い出がたくさんありますね。

本当に長年一緒に暮らすと家族そのものですよね。

悲しみが深いほど
それは愛情の深い証拠だと思います。

たっぱちゃんへの感謝の気持ちは
今後も続いていくことでしょう。

たっぱちゃんのこと
書いてくださって
本当にありがとうございます。

ブログを通じてたっぱちゃんに
触れられたことに感謝します。

そしていつまでも
たっぱちゃんの魔法が
puaさんにかかったままで
ありますよう願っています。

投稿: ジョージ | 2012年4月16日 (月) 22時55分

ジョージさんへ

ジョージさんのメッセージ、本当に、ありがとうございます。
たっぱには、いつも、今も「大好き、ありがとう」の気持ちでいっぱいです。
「その日」を、すべての命がそうなのでしょうが、ひとりで超えていきました。
悲しみが、あふれてあふれて・・・でも、たっぱはひとりで、超えたのだから、私も「今」に向き合っていかねばと思いました。
ジョージさんのことばのとおり、たっぱのまほうは、きっとずっと私にかかってると思いますshine

投稿: pua | 2012年4月19日 (木) 20時19分

こんばんは、すっかりご無沙汰しておりました、ちっちーです。
数日前、たっぱさんのことを知りました…虹の橋を渡って行ってしまったんですね(;_;)
puaさんの悲しみを思うと…何と言ってよいかわかりません…(T_T)
私もこれまでにたくさんの我が子を見送ってきました。
与えられた生命の時間が人間よりもうーんと短い彼ら。
避けられない別れの度に、私はこう思うことにしているの。
「姿は見えなくなったけど、いつも私の傍にいる!」って。
たっぱさんも、今この瞬間もこれからもずっと、puaさんの傍にいるよ。
天寿を全うしたんだもん、pua家の一員で世界一幸せだったと思っているよ、絶対に!
元気出してね、puaさんときゅうさんo(^-^)o
ほら、「心配だなぁ…」って顔して、たっぱさんが見ているよ!


投稿: ちっちー | 2012年4月23日 (月) 21時57分

ちっちーさん
メッセージ、ほんとうにありがとう
ちっちーさんのことばのように、たっぱは私の心の中にいます
そして、たっぱは、宇宙の一部に、帰ったのだ、と感じています。
どう考えてもやっぱり悲しいけど
心から、一緒に人生を共有してくれたたっぱに感謝しています。

私は大丈夫だよ、ちっちーさんありがとうshine

投稿: pua | 2012年4月27日 (金) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のねこ | トップページ | サンダルとねこ »